暇だったので駅前におけるツタヤに寄って映像を借りてきた。

最近はフィルム館でフィルムを見ることが多かったが、自宅で世帯といったフィルムを確かめるのも良いなと思った。

因みに見たのは、キサラギという邦画お笑いという。

個人的にはやけにオススメの品物だ。

元々オンラインの評判で知った品物なので、たいして万人にウケる品物だと想う。

主な演技パーソンは4人だけで、ほとんどのシチュエーションが1室のミドルだけで展開するという大分風変わりなフィルムだ。

しかも4人の立場が目まぐるしく替わり、見ていて飽きないし、「えー、そんなふうに来たかー」といういい意味での裏切りが清々しい品物。

動画ではなくお喋り促進で見せつけるフィルムというものですね。思い切りのめり込める。

どんでん返しが好きな自分はそれほど気に入るんじゃないかな。まだ見たことがないなら、騙されたとして1たび、見てみて。心底桁外れよ。

とうに1テキスト、一緒に借りてきたけど、これは土日にでも見ようという。