ボクは以前まで夜勤のある企業で働いていました。夜勤を終えて家に帰ると二度と出先は明るくなっていました。
初めは夜勤補償もつくし昼間に銀行や市役所に行くこともできるため良いと思っていました。ただし夜勤を長期続けているとしだいに人体に乱調が出てくるようになりました。目まいや冷え、頭痛、下痢など実態は豊富でした。しまいには業者を体調不良で休むお日様も多くなっていきました。
病院で診てもらうといった自律癇乱れによる体調不良と言われ、夜勤は全然グッドできないと言われました。事後ボクは体調不良に悩まされながら稼業を続けていましたが、これ以上積み重ねるのは限界になり退職しました。
離職復路しばらくは家で正しい生活をして休養していました。ウエザーのいいお日様は運動につき散策に出ました。春のあるお日様、ボクは常に散策を通じていました。そうすると鮮やかなイエローの菜の花が瞳に入りました。その時ボクはとても感動しました。今まで忙しく行ないすぎていて自然のちっちゃな変貌など気にする退屈もなかったのです。こんなにもきれいな花が咲いて掛かることをボクは知らなかったのか。ボクはこういうこと又もや退職して良かったと思いました。休養して出向く中でボクは心身の健康を取り戻しつつあったのです。
今は夜勤のない企業で無理なく働いています。健全は虎の子だということにういういしいうちに気付けて良かったとしている。